アイアクトは顔面神経麻痺に効くの?麻痺した顔に効果的な理由を解説

顔面神経麻痺でお困りのあなたにアイアクト

皆さんは顔面がぴくぴくとして困ったことってありませんか?
瞼や唇が自分の意思とは関係なく痙攣をしてしまう
顔面神経麻痺という病気があります。

治療には、ボトックス注射といって痛い注射を何度も定期的に打つ必要があり、大変です。
誰だってそんな治療は嫌ですよね? 

そこで今回紹介したいのが、スパイン製薬会社開発アイアクトクリームです。

なんと、このクリームを塗るだけで顔面神経麻痺の症状を抑えることができるんです! 

痛い治療をせずにクリームを塗るだけで済むのでしたらそれに越したことはありませんよね。
早速アイアクトについて紹介させていただきます。

アイアクトはなぜ効くの?

アイアクトは大まかに三つの成分からできています。

オシリフト、シンエイク、ボトムアップ成分が貴方の
顔面痙攣の症状を緩和します。

オシリフトは肌の表面に張りを与え、シンエイクはしわやたるみを取り除き
エイジングケアが期待できます。

そしてたるんでしまった肌を引き上げるボトムアップ成分。

これらの成分を独自配合したのがアイアクトです! 

これらの成分があなたの肌に浸透し直接症状のもとに働きかけます。
アイアクトを使えば、もう顔面神経麻痺の症状に悩むことはありません。

でも、そんなに効く薬だったら敏感肌に使って心配はないの? 
と思う方もきっといらっしゃいますよね?

でも大丈夫、国内工場で製造されるアイアクトは無添加高品質を保証します!

着色料、紫外線吸収剤、動物性原料、シリコン、バラベンといった
添加物を一切使用しておりません!

ですからお子様やお年寄りの方でも大丈夫! 

安心して使用してくださいね。

でも、もし万が一にも異常があればすぐに使用を控え
お近くの医師の判断を仰いでください。

詳しい内容成分は以下の通りになります。

水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、トレハロース、
グリコシルトレハロース、プルラン、加水分解酵素好水添デンプン、キサンタンガム、
水添レシチン、トコフェロール、ステアレス-20、ヘスペリジンメチルカルコン、
N-ヒドロキシコハク酸イミド、ジペプチド-2、カミツレ花エキス、
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウセンキンカ花エキス、ローマカミツレ花エキス、
インドナガコショウ果実エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、
ジ酢酸ジペプチドアミノプチロイルベンジルアミド、パルミトイルトリペプチド-1、
クリシン、デキストラン、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、
アセチルヘキサペプチド-8、BG、カルボマー、水酸化K、ソルビン酸K、
フェキシエタノール

顔神経麻痺の怖さ

さて、ここまで顔面神経麻痺に効くアイアクトについて紹介させていただきましたが、
まず顔面神経麻痺ってどういった病気なのか詳しくご存じない方も多いかと思います。

そちらについても説明させていただきますね。

人は顔面神経から表情筋へ信号を送ることで表情を変えています。

その信号が滞ってしまい、表情を思ったように動かせなくなってしまうこと、
また動いてしまうことを顔面神経麻痺といいます。

主な症状としては主に顔面半分の麻痺や、瞼がぴくぴくと動いてしまって、
ドライアイが進行してしまう。

そのほかにも口が閉じられずによだれがこぼれてしまったり、
聴覚や味覚に異常をきたすこともあります。

顔面神経麻痺と一口に言ってしまっても症状は様々です。

では、顔面神経麻痺ってどうして起こるの? 
って思う方も多いかと思います。

顔面神経麻痺の原因は大まかに分けて4つに分類されるといわれています。

ストレスや顔に当たる冷たい風、ウイルスによるもの、
原因不明のものとされています。
情報社会を生きる私たちはクーラーを利用したり、
スマホやパソコンを介して目まぐるしい情報に晒されています。

当然ストレスも増えて、昔より顔面神経麻痺になりやすいのかもしれません。

そして顔面神経麻痺になってしまうと、当然症状が気になってしまいますよね? 

それ自体もストレスになってしまって悪循環になり、
ますます症状が重くなってしまうかもしれません。

顔面神経麻痺は症状の一つ一つはただの違和感と思って放置してしまうかもしれませんが、
放置しておくと症状が進行してしまいます。

命にかかわる病気ではないようですが、思ったよりも重篤な症状に
繋がってしまうかもしれません。
それに誰だって、体がつらいのは嫌ですよね? 

だから早め早めにアイアクトで対処していきましょう! 

怖がらせてしまいましたが、アイアクトがあればもう大丈夫! 
次はアイアクトの使い方を説明させていただきますね!

>>顔面神経麻痺にもっとも効果のある成分配合のクリーム『アイアクト』

アイアクトの使い方

アイアクトの使い方は簡単です!
塗る! 一言で終わってしまうほど簡単です!

でも、これだけですと説明として味気ないですよね。
ですから、効果的な使用方法をご紹介させていただきますね!

基本的には化粧水や乳液、保湿クリームなどと同じ使い方になります。
朝の洗顔後に塗る、昼間メイクの上から塗っても大丈夫です。

そして夜間お風呂後や就寝前に塗る。
塗るときは顔の筋肉がほぐれるようにマッサージをしながら
塗り伸ばしてくださいね!


アイアクトって本当に効くの?口コミのまとめ

ここまでアイアクトのご紹介をさせていただきましたが、
本当に効くのかって疑問に思う方ももちろん多いかと思います。

お金を出して買うのだから不安に思うのも当然です。

病気が治ると思ってお金を出したのに効かなかったなんてことになったらショックですよね。
そこでアイアクトを使用した方々の口コミを集めてきました。
ぜひ参考にしていってくださいね!

【アイアクト 口コミ1】30代男性

医者からはストレスが原因の顔面神経麻痺だと言われました。
まずはストレスの元となるものを解消することから始めてました。
再発防止のために、アイアクトを使い続けています。

【アイアクト 口コミ2】30代女性

転職後、半年くらい職場に悩めず悩んでいました。
職場で愛想笑いをしようとしたとき、口がひきつり顔が動かなくて違和感を覚えました。
病院受診するとストレスが原因だと言われ、ステロイド治療をすることになりました。
すぐに治る病気ではないと言われ、3か月後に再診予約しました。
そして、すぐにアイアクトを使い始めました。
ストレスの原因である仕事を辞め、2か月くらい気分転換を色々と好きなことをしたら、
発症から2か月くらいで、普通に笑って顔が動かせるようになりました。

【アイアクト 口コミ3】40代男性

ある朝起きると顔半分が変な感じがして、鏡を見たら顔半分が垂れ下がり
酷い顔になっていました。
口がうまく開けられないし、目も中途半端に閉じている感じです。
私は営業職なので、こんな顔では仕事が出来ないと上司に相談しましたが、
休ませてもらえず、マスクをして仕事をしました。
仕事を辞めてアイアクトを3ヶ月使い続けたら、気にならなくなりました。
ストレスって怖いですね。

【アイアクト 口コミ4】50代女性

ある日突然、左顔半分が引きつり、口元が動かなくなりました。
話もうまくできなくなり、マスクで顔をかくして仕事をしていました。
医者によると原因はストレスとのこと。確かに精神的に不安定だったかもしれません。
アイアクトを使うようになってから、夜も眠れるようになりました。
今は、ストレスをためず、寝不足にならないよう気をつけています。

【アイアクト 口コミ5】50代男性

夕食時に突然、左の顔半分が動かなくなりました。
耳鼻科ではウイルス性ではないのとこと。
完治するまで半年から1年かかると言われ、今の口がうまく開けられないことや、
目をしっかり閉じられないこと、うまくしゃべられないことなど、
これがずっと続くのかと思うと絶望的でした。
とにかく早めに、薬や点滴、アイアクト、顔のマッサージを始めました。
今は良くなり、早い段階からアイアクトを使って良かったと思っています。

以上が口コミになります。
口コミを読んで皆さんの不安が少しでも和らげば幸いに思います。

アイアクトは多岐にわたる顔面神経麻痺の症状に塗るだけで対応できます。
瞼がぴくぴくとしてしまう、口元がひくついてしまう。
アイアクトは顔面神経麻痺でお困りの、
いまこれを読んでいるあなたのために開発されました。
一日でも早く顔面神経麻痺で苦しんでいるあなたのもとに
アイアクトが届くことを願っております。

【PR】こちらでアイアクトについて詳しく記載されていました。

アイアクトは顔面神経麻痺に効果あり?引きつる顔面麻痺に効果的な特徴は?

>>顔面神経麻痺にもっとも効果のある成分配合のクリーム『アイアクト』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする