アイアクトの使い方とは?効果の出る使い方3つのポイント

ある日突然、顔半分が固まり動かなくなったり、口が開かなくなったり・・・。

顔面神経麻痺はストレスが多い人に、突然あらわれることがあります。

顔の半分が自分の意思とは関係なく引きつり、ゆがんでしまいます。

・口角が下がり、よだれや飲み物がダラダラ垂れる
・目を閉じられない
・口をとがらせて口笛が吹けない
・額にしわを寄せられない
・舌の味覚に異常が出る
・耳の聞こえ方が大きく感じたり、響く

このような症状が出てしまい、改善する期間にも個人差があります。

顔面神経麻痺になった人は先行きが不安になり、本当に悩んでしまう方が多くいるのです。

>>アイアクトを正しく使って顔面神経麻痺の悩みを解決!

アイアクトの効果が出る3つのポイント

顔面神経麻痺になったら、まずは顔半分のひきつり対策を早急に開始することが、
とても重要になってきます。

1.アイアクトを1日も早く使い始める
2.アイアクトを毎日使い続ける
3.アイアクトは適量を使用する

この3つのポイントを押さえておくと効果をより感じられやすくなります。
それでは、詳しく説明いたします。

アイアクトを1日も早く使い始める

1日も早くアイアクトの使用開始と、顔のリハビリをスタートさせることが
顔面神経麻痺の症状が改善するコツです。

顔面神経麻痺になったら、まずは病院へ受診されると思いますが、その治療と同時に
アイアクトを使用し、マッサージをすることが大事です。

アイアクトを購入すると、『顔面神経麻痺 共同運動対策マッサージ』の特典が
プレゼントされますので、それを参考に毎日続けてみましょう。

顔面神経麻痺は、とにかく早めの対策が一番大切ですので、
アイアクトを早く使い始めましょう。

アイアクトを毎日使い続ける

アイアクトがどんなに顔面神経麻痺に効果があっても、毎日使い続けなければ
意味がありません。

アイアクトは顔半分の引きつり専用に開発された成分を独自配合しています。

『オシリフト』『アルジルリン』『プロジェリン』
この3つの成分がボトムアップ乳化し、直接皮膚に浸透します。

引きつりたるんだ顔面繊維を、オシリフト&ボトムアップ成分が補整し改善します。

毎日使うことで、アイアクトの成分を常に皮膚に浸透させ、顔半分のひきつりを
一日も早く改善しましょう。

アイアクトは適量を使用する

アイアクトは顔面神経麻痺に効果がありますが、塗る範囲や使用量が少ないと
効果が出にくい場合があります。

アイアクトは、引きつっている側の顔半分に軽くのばすように塗ります。
口角だけ、目の部分だけ・・・など、一部分だけに塗るのではなく、全体に塗りましょう。

また、顔面の引きつり症状が強い人は、顔全体に塗ると効果が高まります。

そして、アイアクトは1日3回使用すると、さらに安心の効果が持続します。

・朝:いつも通りのスキンケア後、メイク前にアイアクトを塗りましょう。
・昼:外出時や緊張する前など、メイクの上から塗りましょう。
・夜:お風呂上りや就寝前、スキンケア後に塗りましょう。

顔をやさしくマッサージしながらアイアクトを塗り込んでいくと効果アップします。

ストレスを解消することも大事

アイアクトは顔面神経麻痺に効果のあるクリームですが、それと同時に顔面神経麻痺を
引き起こした根本的な原因であるストレスを解消することも大事になります。

アイアクトの使用と同時に、ストレス解消することにも努めましょう。

アイアクトを使用しているほどんどの方は、ストレスを解消することを続けながら、
毎日の生活を送っています。

アイアクトを使用する際の3つのポイントと、ストレス解消をすることが、
効果を高めるカギとなります。

>>アイアクトを正しく使って顔面神経麻痺の悩みを解決!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする